子ども医療

 宇都宮市では4ヶ月・10ヶ月・1歳6ヶ月・3歳で公費による乳幼児の健診並びに先天性股関節脱臼検診が行われています。

《4ヶ月・10ヶ月健診》
 4ヶ月・10ヶ月健診は、現在受託医療機関において個別検診が行われています。内容は問診、身体計測、診察などで、必要な場合はこれらに基づいて指導が行われます。
医療機関によっては予約が必要な場合がありますので、事前にご確認ください。
受託医療機関一覧(PDF)


《1歳6ヶ月・3歳の健診》
 1歳6ヶ月・3歳の健診は地区市民センター、保健所、保健センターなどで集団健診が行われています。
内容は問診、計測、小児科医、歯科医による診察などで、発育・発達の総合的な評価を行います。会場と日時が決まっておりますので、市広報またはホームページでご確認ください。
○宇都宮市ホームページ
1歳6ヶ月健診(外部リンク)
3歳健診(外部リンク)

《先天性股関節脱臼検診》
 先天性股関節脱臼とは、出生時または生後数か月の間に、股関節が脱臼した状態を指し、赤ちゃんの股関節が完成する前の3・4ヶ月で検査を受けて下さい。股関節が「やわらかい」状態の方が治りやすいため、早期発見が大切です。
受託医療機関一覧(PDF)